安全と安心の為に

医療用ウィッグについて用いられているJIS規格は、治療中の免疫低下や敏感な地肌に対して悪影響を与えないようにする為必須な物となります。ファッションウィッグにも高い品質を誇る物もありますが、万が一を考えるのであればやはり医療用ウィッグの使用をした方が良いでしょう。

抗がん剤の治療などでは髪の量が脱毛から回復期まで段階的に変化していきます。回復前に購入したウィッグが回復しだすと違和感を感じるようになるという事態も起こりえるのです。回復期に入ってからすぐに髪が生えればよいのですが、人間の体はそんなに便利には出来ていません。元々の髪型や理想が長い髪であった場合、その状態にする為には相応の時間が掛かります。そうした事態に対して毛量の微調整が行えるウィッグもありますので、回復中のウィッグの着け心地等が気になりそうだという方はそうしたものを選んでください。

医療用ウィッグに必要な機能は地肌に触れる部分の素材や通気性が重要になります。JIS規格ではパッチテストによる皮膚刺激指数のテストや、洗濯や汗による色落ちしにくさなどを計る堅牢度のチェックが行われ、その商品が安全に使用できるものなのかを判断します。そうしたチェックを厳正に行っているからこそ医療用ウィッグは安全だと言えるのです。

脱毛対策にウィッグ

抗がん剤の治療や放射線の治療を始めると副作用で脱毛状態になります。治療のために必要なこととはいえ、やはり気になる方は多いかと思いますが、そうした方のために医療用ウィッグという物があります。

医療用ウィッグと聞くと普通のファッションウィッグと何が違うのだろうと疑問を持つと思いますが、いくつかの違いがあります。まず再前提として医療用のウィッグはJIS規格の基準を満たしている事が必要になります。医療用として使用する場合ですと、通常のファッション用のウィッグよりも地肌にあたる部分が多くなるのでその為にJIS規格による安全性のテストをクリアしなくてはなら無いのです。JIS規格はあくまでも安全性を確認するための規格なので見た目の美しさや自然さは保障されません。

ですので、数ある医療用ウィッグの中には見た目や質感などがどうにも不自然に思えてしまうものもある事でしょう。ですが、安全性の規格を満たした上で見た目や質感にも拘った医療用ウィッグもありますので、そうした物をお探しの方でも諦める事はありません。ただ、医療用のウィッグはファッション用のウィッグよりも高額になる事が多くなります。JIS規格で品質が保証されているため仕方のないことではあるのですが、その点は気を付けてお探しください。

このページではそうした医療用ウィッグに必要な機能とは何かを解説します。また、ファッション用ウィッグと医療用ウィッグの差についても触れますので、興味がおありの方は一度目を通してみてください。