オーダーと価格

医療用ウィッグとファッションウィッグの最大の違いはこうしたJIS規格による安全性の保障があるかどうかとなります。最大の違いはそれですが、その他の違いもいくつか紹介します。まずファッション用のウィッグは基本的には規制本を購入して自分好みに使用する、と言うのがスタンダードな使い方だと思われます。

ですが、医療用ウィッグではフルオーダーやセミオーダーによる作成も可能となります。セミオーダーですと、既製品のスタイルを自分好みにカットする程度のものとなりますが、フルオーダーとなれば毛の素材から注文ができる為、一から自分の好みの物が作れます。ただし、ファッション用の物が大体一万弱程から高い物でも三万前後なのに対して、医療用の物は前述したとおり高額の物になりがちです。この辺りが医療用とファッション用の違いとなります。

医療用のウィッグは気にしない人にとっては高々髪の事だろう、と思うかもしれませんが、病は気から・髪は命という言葉もあるくらいです。気落ちしてしまえばそれだけ闘病生活に悪い影響を与えるのは明白ですので、そうした観点からも、ウィッグの使用はできる限りおすすめしたと思います。気分を一新するのは大切な事でもありますので、気になる方や迷っている方はぜひとも購入を前向きに考えてみてください。

【参考リンク】REIZVOLL_医療用ウィッグ通販